「やりたいこと」に悩む人は多い。

でも、やりたいことって見つけるものじゃなくて、当たり前のように既にやっていることの中にある。

 

小さな頃からの記憶を洗い出してみよう。

何に夢中になって、何に一番時間をかけて、何に一番お金を使った?

 

私は、、「妄想すること」だと思う。うん。

文章も妄想の具現化だし、ファッションが好きなのも、服単体じゃなくて、コーディネートを妄想するのが好きなのだ。

何かをデザインするのが好きなのも、形になる瞬間を妄想するのが好きだから。

恋愛が好きなのも(以下略)…

 

妄想と現実がごっちゃになるくらい、常に妄想してるので(←)、もはやこれがやりたいことだなんて微塵も思っていなかった。

だって呼吸をするくらい、妄想することって自分の生活の中に自然にあるから。

 

当たり前のようにやっていることに気付くのは、結構コツがいるかもしれない。

なんせ呼吸レベルなのだ。

今この瞬間だってそれをやっているかもしれない。

 

いつも自分が何をしているのか?

どんなことにときめいて、何に喜んだ?何をされたら怒りを感じる?

 

好きなことを書き出してみてもいい。

できれば自由に書ける、真っ白な紙がいい。

 

私は、過去の自分を振り返る時にも、過去がこうだったらなぁと妄想してしまうくらいには、妄想が好きである。

きっとやりたいことって、そんな感じ。