人生、納得いかないこと、理不尽なことがたくさんあります。

そして、その想いを誰にも言えず、心の中でふさぎこんでしまう。

もしくは現実が受け入れられず、良い未来が訪れるまで動かない、と心に刻んでしまう…。

 

占いは、未来を察知するツールです。

占い師の人は「あなたの未来にはこんなことが起こりますよ」と言ってくれます。

 

それを信じるか信じないかは、本人次第です。

 

ただし、一部のネット占い師は本当の占い師ではないので、

誰にでも使っているテンプレートの文章で占います。

 

…「占います」というより、

お客さんを手早く裁く、というイメージです。

これまで数十人のネット占い師を見てきましたが、

誠心誠意占おう、というよりも

「会社の方針だし、とにかく一人でも多くの人をさばかなければ」という気持ちで仕事をしていたと思います。

占い師ではないので、「占う」ことは仕事ではなく、

限られた時間内で、どれだけ多くの相談者の相談に応えられるかが大切です。

 

さばくスピードの速さ=仕事の出来として評価される世界。

もちろんサービス業ですので、表面上はそんな素振りを見せず、言葉巧みに相談に応え、

次回のメールにつなげようとします。

ネット占いの仕事は、理想と現実のギャップが大きいです。

「言葉で人の心を動かす」「希望を与える」と言えば聞こえはいいですが、

実際には他の企業にもあるような「慢性的な人手不足」状態。

それだけ占いにはまる人が増えているということでもあり、

ネットの普及がもたらす弊害でもあるのだなぁ、と思います。

 

ネット占い師全員がサクラでは、もちろんないのだけれど

心に余裕がなかったり

誰かに愛してほしい、認めてもらいたいといった自己肯定感が低い時は、

サクラのネット占い師に引っかかってしまいやすくなる。

優しい言葉をかけてくれる人、都合の良い未来を見せてくれる人を好きになる。

自分にとって都合の悪い言葉は受け入れられなくなる。

 

…だけどどうか、

人生にはいいことも悪いことも繰り返し起こる、と理解していて。

時にはつらいことも起きるし、

それはあなたのせいではなく、人生ってそういうものなんだってこと。

誰かのせいにするものでもないし、

あなたのせいでもない。

いつでも自分軸でいて。

自分を幸せにできるのは、いつだって自分自身なんだと覚えていて。

大丈夫。

必ず幸せになれるよ。

それが、あなたが占いで叶えて欲しい幸せとは別のものかもしれないけど。

叶わないものは、あなたが手に入れても決して幸せにはならないということ。

あなたにぴったりの、幸せな未来がある。

それは必ずしも、あなたが心で思っていることと同じではない。

幸せの形は複数あることを、覚えていて。

占い師は、あなたを幸せにする存在ではない。

あなたの未来の道筋を照らす存在である。