ちあきです。

自分に素直になるって、どういうことだろう。

ずっとあいまいでした。

 

 

でも、やっとわかった気がします。

 

 

 

 

自分に素直になるってことは、

自分の中にあるネガティブな感情を受け入れることだって。

 

 

 

 

 

私は人のために書くのが好きじゃありません。

ライターとして、散々消耗してきたからです。

 

 

 

他人のコンテンツのために、汗水流して協力して。

どんどん自分の神経が削られていくのを感じていました。

 

 

 

私の頑張り方がいけなかったんです。

とにかく、すべて完璧にやらねばと、

全部の仕事に、全力を懸けていた。

 

 

 

それが自分には合っていなかったんです。

私は、もっとだらだらしたかった←

そんな無茶な働き方はしたくなかった。

 

 

 

無茶するのが必要な時期というのもあると思いますが、

当時の自分は、とにかく仕事を続けるための無茶だった。

しがみつかなければと思っていた。

 

 

でも、今の環境がすべてじゃない。

 

 

 

いくらだって変えていい。

時には逃げたっていいじゃないか。

 

 

 

自分を甘やかすことを知らなかった。

いつも自分を責めてばかりいたんです。

 

 

でも本当は、職場に対する不満も色々あった。

それなのに黒い部分をひたすら隠して、そんなことを思う自分はダメなんだって

ずっと自己嫌悪してきました。

 

 

 

素直になるってことは、

「そんなこともあったね」って、

ただ、受け止めてあげることなのかもしれません。

 

 

 

 

自分の働き方のペースと合っていなかっただけ。

どちらが悪いということはない。

合うものは合うし、

合わないものは離れていく。

ただ、それだけなのだから。

 

 

 

 

ネガティブな感情は、全部ダメ!

じゃなくて、ネガティブに考えてしまう自分を、どう見るか。

そしてこれからの自分が、どう生きていくのか。

 

 

 

もしかしたら、ネガティブなことを考えるのが好きなのかもしれないし(苦笑)。

なら、好きなことを辞める方が苦痛だ。

 

 

 

どんな自分だって、

幸せは自分の心が決める。

 

 

 

 

ネガティブな私だって、

大切な私の一部だ。