ちあきです。

 

2017年はこんな1年だった~~~

 

 

ということを、書いてみました!!

 

 

半年後の私が見たら

 

「その通り!!よく頑張ったね」

 

と言える一年にする。

 

 

「自分をいたわる」ってどういうこと?

 

 

私はこれまで、

 

 

「自分をいたわる」

 

 

のほかにも

 

 

「癒やし」

 

 

「リラックス」

 

 

と名の付くものに、あまりピンときませんでした。

 

自分にとっての癒しというのも特に思いつかなくて…

 

 

「癒やされる」ってどんな感情なんだろう?

 

落ち着くって?ここ数年、ずっとピリピリしているよ。

 

 

なんて;;

 

自分が「癒やされる感情を知らない」だけなのに、

 

「周りの人は癒されている、ずるい」という風に考えてしまっていました。

 

 

自分だってこんなに頑張っているのに。

 

どうしてあの人だけ。

 

いつもいい思いをするんだろう。

 

その反面、自分の存在が醜く感じられて、

 

落ち込んだ日は星の数ほど。

 

 

あと、一番は

 

何もできない自分は頑張り続けるしかない

 

頑張らなければ私の価値はない

 

 

という思いが強かったためでした。

 

 

 

今思うと、

 

「そんなことないよ!」

 

 

って当時の自分の肩をめいっぱい叩きたくなるのですが(笑)。

 

 

 

完璧にできないとダメ、

 

何かひとつでもミスをすると嫌われる、

 

いつしかそんな価値観になってしまっていたんです。

 

 

それは、私が打たれ弱く

 

ちょっと注意されただけで深く沈んでしまったり

 

「怒られた、もうあの人には嫌われている」と感じてしまう

 

被害妄想が原因でした。

 

けれども、怒っている出来事それ自体には何の意味もない

 

ことに気付いてから、徐々に状況が好転していったのです。

 

「私のせいじゃない」

 

「無理しなくていいんだ」

 

「頑張らなくていい」

 

「私は私が好きなことを極めればいい」

 

「私はここにいてもいいんだ」

 

 

…特に今の彼と出会ってから、

 

本当にたくさんの感情を教えてもらいました。

 

 

彼はご家族の病気などを経験しており、

 

また健康に関わる勉強をしていたこともあり、

 

健康に関してはしっかりと意見を持っています。

 

 

一方の私は、

自分の健康のことなんて何も考えていませんでした。

 

虫歯も、「痛いのが怖いから」とずっと放置していましたし、

 

脂漏性皮膚炎やPATMの治療からも逃げていました。

 

でも、そんな自分が好きなわけなくて。

 

ただ、口だけで「治したい」と言っているような人間でした。

 

 

 

それが、今の彼に出会ってから

 

「この人のために頑張りたい」

 

と思えるようになったんです。

 

 

こんな気持ちは初めてです。

 

 

 

今は虫歯も脂漏性皮膚炎の通院もしていますし、

 

PATMについても「やる」ことは決めていて、病院選びの二択。

 

まさに「自分をいたわる」行動を、今、しています。

 

 

こんな日が来るとは思わなかったし、

 

自分が行動できる人間だとも思っていなかった。

 

 

。。。自分への信頼が、圧倒的に足りていませんでした。

 

 

 

自分を信じることで、道を切り開く。

 

 

絶対大丈夫。

 

全部うまくいく!

 

たくさん言い聞かせて、自分の心を育ててあげよう。

 

傷ついたからこそ、

 

より美しく輝く宝石のように。