果てしない事象の中から探し、自分なりの答えを見つける。

人生も、そういうものなのかな。

普通の人生、一般的な人生、平凡な人生なんかどこにもない。

物語に出てくる「普通」ってなんだろう。

職位は?年収は?統率力は?

みんな違う。

向き不向きや努力の方向性も違うから、そこて差がつくことはあるけれど。

あくまで今自分がいる場所の話。

けれど今自分がいる場所さえ幸せにできなければ、けれこら自分がもっと幸せになることなどできるのだろうか。

今いる場所に不満を抱きがちな自分。

努力しないで甘えてるんじゃなーーーい!!!

 

 

 

***

 

 

過去ブログ記事の加筆修正です。

 

当時の私のブログを読み返すと、

 

「今いる場所でいかに頑張るか」について書かれています。

 

今思えば、こういうことを書いている時点で

 

「無理して頑張ろうとしている」ってことじゃないかぁ~と

 

思うのですが(汗)。

 

当時は、転職するなんてことは微塵も思いつかなかったし、

 

自由に生きるとか頭にもなかったです。

 

大人は働いて自分の食い扶持を稼ぐ生き物だと、疑いもせずにそう思っていました。

 

それが自分に合っているかどうかは別として。

 

当時からぶつぶつ文句を言いながらも、真面目なふりをして働く大人に疑問を感じていました。

一番愚痴を言いたかったのは自分だ。

 

なんで働かなくちゃならないの?

 

「生活のため」

 

 

なんて当たり前の返答がかえってきそうだけど。

 

 

「仕事はちゃんとしなきゃ」

 

「オンオフのメリハリをきちんとさせる!」

 

 

なんて、真面目な考えについていけない…と思う自分のままでいいんだ。

 

 

私の考え方が理解できない人は、もちろんたくさんいるだろうけど。

 

それでいい。

 

私にだって、一般的な考え方が理解できないのだから。

 

色んな人がいていいんだ。

 

 

 

社会という狭い檻に自分を閉じ込めて、

 

世間の常識という言葉でがんじがらめにしようとしていた。

 

 

あの頃の私…

 

 

あの頃のままじゃなくて良かった(´;ω;`)

 

転職して正解!

 

 

 

 

私の考え方が変わっていったきっかけは、一冊の本でした。