ちあきです。

 

実際に、ブログアフィリエイトを始める前、私はタイトルのようなことを思っていました。

 

「アフィリエイト」にそもそも良い印象がなかったんです。

 

 

アフィリエイトの印象

 

私のアフィリエイトの印象は

 

「読者に広告クリックさせて、商品を買わせる商売」

 

というものでした(本当に良い印象がない。。汗)。

 

そのため、最初アフィリエイトを勧められたときは二つ返事でした。

 

心の中では「え~、向いてなさそう、どうしようかな」と思っていました;;

 

 

アフィリエイトの現実!

 

 

気持ちは乗っているようで微妙なような感じでしたが、当時続けていたアメブロをリニューアルしたいという思いもあり、ワードプレスでのブログを始めました。

 

実際にアフィリエイトを始めてみてもしばらくは、広告を設置すること、「このアイテムはおすすめ!(本当におすすめだとしても)」と書くことに抵抗がありました。

 

なんだか、読んでくれている人を無理やり巻き込んでいるような気がしたのです。

 

 

お金のブロックがあると、アフィリエイトにも影響がある。

 

 

働いてお給料を得るのはいいのに、ブログアフィリエイトで収益を出すことに抵抗があるのはなぜだろう?

 

そう思ったとき、自分のお金に対する価値観が見えてきました。

 

私は相当お金のブロックというものがあって、

 

「働かざるもの食うべからず」

 

「社会人なんだから、ちゃんとした会社で働いてまっとうなお金を得なければ」

 

「私が人からお金をもらうなんてとんでもない」

 

 

といった考えがこびりついていたのです。

 

 

 

知らない間にこうなっていたのですから、怖いものです…。

 

それと「好きで書いているブログで利益を得るなんて…」という気持ちもありました。

 

利益を求めすぎても苦しくなってしまうし、せっかく趣味で書いているブログなのだから、そこに収益性を求めるのはどうなのだろう、と思っていたのです。

 

でも、ブログアフィリエイトって「かわせる」ものじゃない。

 

読者の方も、自分の記事がきっかけになって商品を購入した!というより、

たまたま自分のほしい商品が掲載されていたり、買うものを思い出してクリックするケースが多い。

 

自分が買わせようとしているのとは語弊があることに気付きました。

 

クリックされ、購入に至るケースもあれば、もちろんそうではない場合もある。

 

その判断はすべてお客様にあって、私がどうにかできる問題ではないし、どうにかしようとするものではない。

 

すべてはお客様の気持ち次第なのだ、と思うようになれてきて、自己嫌悪に陥ることがかなり少なくなりました。

 

自分の価値云々の問題ではなく、ブログを読んでくださった方がお買い物をするかどうかは、その方自身の問題であること。

問題の主語を置き換えることによって、自分なりに着地点を見つけることができたのです。

 

 

 

 

自分の価値は自分が決めている。

 

 

ブログアフィリエイトをしていても、ほかの仕事をしていても。

結局「自分の価値を自分自身がどう見ているか」が大切なのだと気づきました。

 

同じ出来事が起きたときにも、自分自身への感情次第で物事をポジティブにもネガティブにもとらえることができます。

どちらが良い・悪いということはなく、自分ならどんな風に生きたいかという人生の在り方に関わってくるもの。

 

どんな仕事でも、自分と向き合うことは避けられない!

それをブログアフィリエイトでひしひしと感じることができました。

自分自身をさらけ出すブログだからこそ、気付けたのかもしれません。

 

受け身の状態で働いているままでは、きっと気づかなかったことでしょう。

 

 

以前こそ、ブログアフィリエイトへの印象はあまりよくありませんでした。

今は、自分にとって欠かせないツールになっています。

 

あくまで人生を豊かにするための一つのツールなので、ツールに気持ちまで乗っ取られてはいけません。

フットワーク軽く、色々やってみる♡

 

うまくいくかどうかはわからないけど笑

 

その挑戦の数が、ブログのネタの数につながってくるのかもしれません。