ちあきです。

今日も一日、お疲れ様でした☆

 

毎日、お仕事やプライベートなど色々なことを頑張るアラサー女性……。

気づいたらものすごく疲れていた……

思わず涙が出てきた……

そんな経験も、あるかもしれません。

 

きっと、それは、自分の気持ちを押し殺してしまうから。

「自分が嫌われたくないだけ」だったとしてもね、他人のことを考えている。それは嘘じゃない、事実だから。

どんなに自分のことを責めようとしても、自分は素晴らしい人間。

生きる価値なんかないって思ったって、そんなことない。

生きる価値は誰にもつけることなんかできない。

 

私自身、まだ治療法が確立されていない「PATM」に10年以上悩まされています。

15年くらいになるかな。

この病気?のせいで青春時代は台無しです^^

どこいっても「臭い」と言われてましたから……。

プラス、過敏性腸症候群もあり、授業中におならが出てしまう日々。

頑張って、傷ついてないフリをしていたけど。

知らないフリをしていたけど。

内心、ものすごく傷ついていたし、それを悟られまいとして、余計自分の殻に閉じこもってた。

 

まだ症状は続いているし、会社の人に迷惑かけっぱなし。

 

そんな様子を見ると、仕事なんて辞めたくなる。

 

 

……悲しい話はここまでにして。

凹んだ時、私はブログを書きます。

 

 

今日も凹んだことがたくさんあったので、ブログを書きました。

「凹んでいます」って正直に言える場所がブログくらいしかないから、気持ちを吐き出せてすっきりするのかも。

 

ブログは、私の世界を広げてくれた。

こうして書いているうちに、ほかにももっと書きたいことが増えていったり、

気持ちがすっきりして、なんだか凹んでいたことがどうでもよくなったりする。

 

ブログが、私を救ってくれたんです。

 

PATMがよくなったわけじゃない。

環境が変わったわけでもない。

 

それでも、ブログが私のことを受け入れてくれる。

それだけでも、そういう場所があるだけでも、すごく幸せなんだと思います。

 

PATMだと、幸せを感じるアンテナが鈍っていってしまうような気がして。

嬉しかったはずのことも、PATMのことを思い出すと全部台無しになる。

頭や心で、どうしようもなくPATMのことがぐるぐるぐるぐる……。

 

そんな時は、ブログでリフレッシュ☆

やっぱり書くのは自分が不安・不満に思っていること。

誰かに言うのもいいけれど、自分であとから見返して振り返るために、幸せになった私が「ああ、この時はこんなに苦しかったなぁ」と思い返すために、ブログにつづっています。

私自身が口下手というのもあるのですが(;’∀’)