「お金」って、どんなものだろう。

 

頑張って働いて得るもの?

「信頼」の対価として得るもの?

 

私は、どちらの考え方も苦しいなと思った。

 

「お金」とは。

 

お金は必要な時に、必要な分だけ舞い降りてくる。

これは良い得て妙だと思っていて。

頑張って働いたり、一生懸命信頼を得ようとしたりしなくてもいい。

 

もちろん、その2つの考え方も一理あると思います。

 

でも、頑張り続けてつぶれてしまった人からすると、

今もまだそういう考えでお金を見つめるのは、すごく苦しい。

 

「信頼」の対価というのも、結局は「信頼」を得るために頑張らないといけない。

自分が楽しいと思えることをする、と言っても、

信頼の対価と言っている時点で楽しくない。

 

お金に関する価値観は、本人が一番ピンとくる解釈でいいと思う。

 

お金があれば満足いく生活が送れるし、ほしいものも手に入るかもしれない。

けれども、お金に振り回されてしまっては元も子もないのだ。

 

自分がどうありたいかは自分が決めることであって、

お金が決めることじゃない。

 

お金はあればあるほど嬉しいけれど、

結局、お金のことを考えずに暮らせるのが一番なんじゃないか。

 

お金のことを考えるのは、大切な誰かに残してあげるその時だけでいいかも。

 

それくらいお金のことをたくさん考えてきたから、

もうお金のことから解放されたい。

 

お金を意識しない生活ができるようになるのが、豊かだと思う。

 

お金は必要な時に降ってくるもの。

自分が何かをする必要がない。

何かをしなくても、受け取れるものなのだ。