ちあきです。

私は今まで「ノートをつける」という習慣がありませんでした。

 

 

自己啓発セミナーや企業女子の間などで「ノートをつけるといいよ!」という話をよく聞くのですが、「やろう!」と思っても、結局やらずじまいだったんです。

 

その理由は、シンプルで。

「いちいち自分の心を振り返るのがめんどくさい」

というもの。

あとでノートを振り返る性格でもないしなぁ……なんて考えていました。

 

でも、それって自分に対する否定なんじゃないかって、思ったんです。

自分の心は、振り返るのが面倒くさいくらいのものなのか?

 

無意識のうちに、自分を否定してるってこと。

「自分を責めない」と思っても、PATMだったり体臭だったりで、周りの目が気になってしまう……。

そんな自分の気持ちに向き合いたくない思いもあるのかもしれません。

 

ノートに書いたら、自分の心を直視しなければならなくなります。

そうなると、本当は不安で動けない自分や、現実的な「タスク」が見えてきて、嫌になってしまうのかも……。

頑張らないでいたら、楽かもしれませんが、それで「楽しい」かどうかは話が別。

楽になりたいのか、幸せになりたいのか。

私はできるだけ、楽に幸せになりたいとは思うけれど、ただ単に楽になりたいのとは違う……と思いました。

 

実際、何もしなくていいとなると、困ってしまうんです。

自分の思うように動き回るのが好きだから。

 

気づきをノートに書くというのは、自分の嫌な部分が丸見えになってしまうから。

そして、それは書くほどのことじゃないという否定につながる。

 

「ノートをつけたくない」のはなぜなのか、まずそれをノートに書いてみるといいのかも。

私の場合は、こうしてブログに綴っていますが……。

ブログが、ある意味私のノートなのかもしれません。

それに加えて、自分と向き合う、誰に見せるでもないノートもつけよう。

 

……今、書いていて気付いたのだけれど。

私はブログを書くことで「良く思われたい」という気持ちがありました。

 

「すごいと思われたい」

「尊敬されたい」

自分の価値を自分で認めることができれば、そこまで極端に認められたいと思うことはないのかもしれませんが……。

 

まだまだ、自分のことを考えられていません。

私がこれから飛躍していくために、知っておきたいこと。

それは、自分を知ること。

そして、自分を知ったうえで何をしていけばいいか。

この2つを、知っておきたい。

 

先の見通しが立てられると、気持ちが安心します。

漠然とした悩みを「なぜ、なぜ」と掘り下げていったり、悩みを大きな悩みとしてではなく、細かく分けていくことで、一気に道が見えてくるかもしれません。

この繰り返しで、悩んでしまった時もだんだんと耐性ができていくのでしょう。

人生、365日毎日いいことだらけ♡ というのは、むずかしいかもしれません。

時には泣きたくなる日や、何もする気力がないほど疲れてしまう日もあるはず。

そんな毎日に振り回されないように、自分なりの軸をもっておくといいかも。

ノートをつけるという行為は、そんな自分の「軸」をもつ大きなきっかけ。

 

分からないまま突き進んでいくのではなく、自分を知りながら、着実に前に向かう。

先の見えない人生だからこそ、時に思いきり飛び込む勇気と、綿密な計画の両方が必要なのかもしれません。

もっと気軽に、ノート、つけてみようかな。