ちあきです。

 

もし、何かやりたいこと、やらなければならないことがあるとき。

 

当たり前だけど、進まなければ、何も状況は動きません。

自分が、進めなければ。

もちろん自分だけじゃなくて、頼りになる人とか、他人の支援もたくさんあると思う。

けれども、どんなに心強い支援でも、最終的に行動するかどうかは自分次第。

 

 

自分が進もうとしなければ、どんなヒントもただの「言葉」になって、耳をすり抜けていくだけ。

どんなに努力した!って言っても、動かなければ意味がない。

頭に叩き込むのではなくて、さらに飛躍するための努力であり、ヒントなのだから。

 

それが分かっていても、怖くて動けなかった。

それは、今の状況を動かすことが怖いから。

動きたくなくて、不安だから。

動いたら何かが変わってしまう。

それがどんなふうに変わるかはさておき、極端に「変化」を恐れるから。

 

でも結局、それがいいことか悪いことかなんて、はっきりわかるのはずっと先かもしれない。

今すぐに結果なんてわからない。

もしかしたらいいことかもしれないし、悪いことかもしれない。

それでも状況が動くのは確かだから。

状況が動いたら、人は動かざるを得ない。

本当に動けない人は、自分を追い込んでみるといいかもしれません。

「無理をする」というより、「今の自分よりハードルの高いことにチャレンジする」。

楽しみながら、階段をのぼるように。

 

かくいう私も、チャレンジしてみたいことがあります。

どれがどんな結果になるのか……。

すぐにわかるものではないけれど。

でも、一生に一度。

チャンスは待ってはくれません。

「変わりたい」と思った今が、チャンス!