ちあきです。

私はとにかく承認欲求がめちゃくちゃ強くて……。

自分の中だけで解決できるならまだしも、他の人が褒められているとつい嫉妬してしまう、そんな一面も。

 

 

負けず嫌いな部分もあるのかもしれませんが、どちらかというと「自分に自信がなくて、自分の魅力がわからない……。お願い褒めて!」というような気持ちが強かったです><。

そしてこれは、今少しずつ見直しているところ。

 

とにかく「すごい」と言われたい!

その気持ちから、他人にひたすら褒められる妄想をしたり、自分はこんなにすごい、というめちゃくちゃハイスペックな設定をこれまた妄想したり。

 

でも、実際に褒められたところで

「でも失敗したらすぐにダメなやつだと思われるんだろうな……」

「お世辞で言ってるんだろうな」

という気持ちで、頭がいっぱいでした;;

 

凄いと思われたいから、頑張る。

ところが頑張って褒められても、その言葉を信じられない。

 

堂々巡りになっていました。

 

でも、よく考えてみると「すごい」と思われた場合のメリットってなんだろう。

余計に、色々な仕事や面倒なことが増えてしまうのではないだろうか。

それって、本位じゃない。

むしろ、自分を犠牲にしてしまいかねないと思う。

 

それに、「すごい」と思われようが、「すごくない」と思われようが、私にはわからないこと。

人の心なんて読めないのに、気にしても仕方がない。

 

「すごくない」と思われた方が、プレッシャーがなくて色々やりやすいかもしれない。

(ちなみに私はこのタイプだと思う)

 

「すごい」と思われたい、と思っても、実際に思われたらどうなっただろう……。

過去の経験を振り返ってみても、もっともっとと頑張り続けて潰れてしまっていたなぁ。

 

 

褒められるのは嬉しいけれど、自分で自分を褒めてあげたらいいと思う。

他人からの承認は求めるほどに、苦しくなるだけ。

「すごい」なんて思われなくても、元々自分はすごいんだ。ちゃんとあるんだ。愛を持っているんだ。

 

やっぱり、どこまで行っても自分への「愛」なんだなぁ。

 

「愛」とはどんなものなのか、まだはっきり明確に言葉にすることはむずかしいのだけど。

今の時点では、「無償で〇〇してあげたい」とか、奉仕・貢献の想いのこと……?

自分にも他人にもあって、循環していくもの。

気づくと、そこにあるもの。

心が「嬉しい!」と喜ぶもの。

 

そんな「愛」を伝えて、伝えあって。

それってすごく素敵な生き方だなぁ♡