根詰めすぎると、いずれどこかでストップがかかる。

 

 

いつも、いつでも、どこまでも。

そんな風に頑張ることができたら、どんなにいいだろう。

 

無力な私はいつも、途中で力がなくなって、ぱたりと倒れてしまう。

そんな自分が嫌で、いつも頑張ってきた。

 

頑張って、頑張って、本当はできないのに、抱え込んでみたりして。

それが周りからしたら迷惑なんだろうってわかっているのに、やめられなくて。

 

上から降ってくるままに、とにかく引き受けては「キャリアアップ」!なんてこと、してた。

 

それができる人、耐えられる人ならよかったけど。

残念ながら私は、そうじゃなかったみたい。

 

元々、目的があって仕事をしていたわけではないから。

本当は休みたかったのに、楽したかったのに、期待されているから、頑張ってしまった。

 

期待されているのは嬉しいことだから、絶対に裏切ることはできない。

そう思っているのに、いつも最後に裏切ってしまう私がもどかしくて仕方がなかった。

 

でも、だって、それをやりたくないんだもん。

心が動かないことを、毎日続けてなんてできないよ……。

 

 

ずっとずっと、サボってみるまで

それは「甘え」だと思っていた。

 

 

「頑張る」ことが偉くて、

サボることはいけないことだと。

ちゃんと仕事をしないのは、いけないことだと。

たぶん、誰よりも強く、思ってた。

 

 

だから勇気がいったけど、仕事をサボってみた。

しかも1日だけじゃない、2日も(笑)。

 

社会人になってから、こんなことってなかったな。

 

でも実際に休んでみたら、すごく心が楽になって。

 

 

自分の心がざわざわしていたのは、やっぱり今の仕事が好きじゃないから、

やりたくないから、っていうのがわかったし、

仕事に対する取り組み方を変えなければ、その先の幸せはないっていうのもわかった。

 

自分が進むべき道が、よくわかる休暇になった。

 

 

頑張り続けていたら、そんなこと、ずっと気づけなかったかもしれない。

 

「やるべきこと」を取り除いて、初めて見えるものがある。

 

私にとってそれは、何よりも大切にしたいものだった。

 

 

今まで、ぞんざいにあつかっていてごめんね。

 

 

ごめんね、私。

(私が本当に守るべきなのは、職場での評判ではなく、私だった)