ちあきです。

5月末から数日間、地元に帰省していました!

帰省は年始以来なので、家族と会うのはおよそ5ヶ月ぶり。

それほど遠くないのに、年2~3回しか帰っていなかったので、せめて3ヶ月に1回くらいは帰ろう…と思いました。親ももう若くはないのでできるだけ多く会いたいから、不定期じゃなくて、定期的に帰る習慣をつける、みたいな。

次回は8月とか?夏の時期がいいなあ(*´ー`*)

 

それにしても、少し久々の帰省だったためか、帰省の前は憂鬱な気分でした( ; ゚Д゚)

 

平日の昼間から帰省って言う中途半端なタイミングを心配されそうだし、

あれやこれや心配からお小言をいただくだろうし、

そもそも仕事のこととかで悩んでいるタイミングであまり帰りたくなかった、というのがあります。

家族って、自分にとって帰る場所だし絶対的に受け入れてくれる場所だと思っているのですが、だからこそ甘えてはいけないと思うんです。

 

親は心配し、子供がそれに甘える…

 

多少ならまだしも、それが癖になってしまったら怖いな、と思っていました。

 

 

一度甘えてしまったら、これから先、もっと甘えたくなる気がしたから。

 

 

「もっともっと」って、歯止めがきかなくなると思ったから。

 

 

親子にもよると思いますが、私の場合は「地元⇔東京」くらいの距離感があった方がいいなあと感じました。

 

母親もそれを感じているらしく…

 

 

父親が心配性で子離れできていない感じなので、近いところにいたら過干渉されるのは目に見えているとのこと。

 

 

確かに……( ; ゚Д゚)

自由がなくなりそう汗

 

 

 

ということで、私が東京にきたのはよい決断だったのだなあと思いました。

 

 

今、非正規雇用と言う立場で働いているのも、彼に出会うためだったのかもしれない。

 

 

正社員、アルバイト、フリーランス……

 

 

そして今の派遣社員。

 

 

業務委託も経験があるから、契約社員とパート社員以外は一通りやってるのかも。

 

正社員でいた頃の会社を辞めるべきではなかったのかなあと思うことは少なくない。

 

でもそれは、辞めてみなければ気づかなかったこと。

 

 

 

もし仕事を辞めていなければ、その立場なりの不安と不満をずっと抱えていただろうから。

 

どっちが正しいかなんて、簡単に決められることじゃない。

 

 

 

……それでも、生活が~とか、お金が~ときにすることのなかった正社員時代は、今の自分よりもお金の悩みから解放されていて。

 

それももしかすると、正社員時代に抱えていた「将来に対する悩み」とトレードしただけなのかな。

 

 

 

悩みを解決するために行動を起こしても、悩みは消えない……。

 

 

それどころか、他の悩みがたくさん出てくる。

 

 

 

私は結局、悩みたかっただけなのだ。

 

 

どんな立場に立っても、その時の自分の悩みを解決できたとしても、また私は自ら悩みにはまっていくだろう。

 

 

 

悩んでいれば、行動しないで済むから。

 

 

行動するのは怖いから、

悩みで行動するパワーをおさえていたのかもしれない。

 

 

でも、これからは積極的に挑戦する私でいたいな、とおもいました。

 

 

 

怖いことはたくさんあるし、

逃げたくなることもたくさんあるけれど。

 

 

必ずしもすべてがうまくいくことばかりじゃないけれど、自分の心が少しでも向いたことには、積極的に挑戦して、成功体験を積み重ねていきたい。

 

 

 

それが、今の私をより発展させる方法だと思うから。

 

 

 

そもそも発展させる必要はないのだけれど。

自分が自分らしく生きるために「挑戦」してみたい。

 

 

ブログにも「挑戦したこと」「成し遂げたこと」を載せていければと思っています!