ちあきです。

突然ですが「テニプリ」はお好きですか?

 

1999年から「週刊少年ジャンプ」にて連載がスタートした「テニスの王子様」。

なんと、今年で連載20周年を迎えます!!

 

私はアニメ化でこの作品を知り、原作を手に取りました。

私のオタク活動のルーツになったともいえる「テニスの王子様」。

 

先日、そんな“テニプリ”の大原画展に行ってきました♡

 

許斐先生の気迫あふれる原稿が間近で見れる「テニスの王子様 大原画展」!

 

テニプリの原画展が池袋であると知り、その日のうちに行ってきました!

ノリと勢いで行ったため、当日券(800円)での参戦でした。

私が行った日は21時までで、19時40分ごろ行きましたがほとんど混雑はなく、ひとつひとつの原稿をじっくり見ることができましたよ♪

 

ちなみにその日は8月14日、サマーバレンタイン♡

ということで、来館時に特製マシュマロをいただきました……!

しかもこの日の午後、原作者である許斐剛先生が会場に訪れて、ライブドローイングをされたとか……!

リアルタイム情報をツイッターで確認しながら「まじか!」と大変興奮していたのは私です……!その時の盛り上がりとか、すごかったんだろうなぁ!!

 

会場では、一部撮影OKのエリアがありました。

そんな撮影OKエリアには、今回の原画展のための書き下ろしキービジュアルが大きく展示されていました!!

 

 

かっこいいいいいいい!!

ちなみに、私の推しは昔からずっと跡部様♡

イケメンなのはもちろんですが、跡部様の声が大好きなんです♡

中学生の時、母親にお願いして、跡部様の「…みたいなアルケー。」を買ったのが懐かしい……!

その当時から今も、ずっと大好きなキャラクターです!!

 

これまで発売されたコミックスの表紙がずらり!!

 

「テニスの王子様」は全巻読破したものの、実は「新テニスの王子様」の方は、最初の方くらいしか読んでおらず……。

高校生チームとかまったくの無知(´;ω;`)

あとで一気読みして追い付くぞー!!

ちなみに「23.5」は持っています。←原画展から熱が続いていて、最近購入しました☆

 

「テニスの王子様 大原画展」の感想!

 

あまり原画展というものに行ったことがなく、普通にイラスト展示されているくらいかな~と思っていました(本当にすみません!)

でも実際に許斐先生が描かれた原稿を間近で見てみると、印刷には決して写らないホワイトの感じやベタ塗り跡、トーン処理の形跡などが垣間見えてめちゃくちゃ興奮しました!

 

キャラクターや必殺技は現実離れしているけれど、男性の筋肉やラケットグリップの質感など、細かいところまで丁寧に描かれていて、すごくリアル!!

そんなギャップもまた、テニプリの魅力なのかな♪

 

画面の中で熱い試合を展開するキャラクターたちの描写もすごいのですが、コートの外の応援している生徒など、この機会に細部までじっくり見ることができて嬉しかったです!

どんなふうに原稿が描かれているのか、イメージがむくむく。。

それぞれの必殺技の描写も色々な工夫がなされていて(トーンなのか、週抽選なのか、組み合わせなのか、ホワイトの使い方など)、愛と魂がたくさんこもった原稿をたくさん見ることができて、熱い空間でした。

自分も小学生の頃に漫画家を目指していた時期があって、原稿用紙を買って下書きしてペン入れしてトーン貼り……なんて漫画家さんのまねっこをしていたので、プロの原稿に刺激を受けまくりでした……!

もちろん、ライターとしても。クリエイティブな仕事って、できあがりを見るとすごく華やかに見えるのですが、実は地道な作業の連続。

でも、その地道な作業を見る機会ってめったにない。

できあがり原稿とはいえ、その作業の片鱗を見ることができたのは、とても貴重な体験でした♪

 

テニプリ20周年イヤーの今年、まだまださまざまな楽しみが待っているはず!!

これからもテニプリを応援していきます!!