ちあきです。

ライターとしてちまちま活動していますが、以前ブログにも書いたとおり先月末頃から、活動を最小限にしています。(そして今、少しずつ広げていこうかなというところ)

今までの自分なら、そこで無理して「稼がなきゃ」となっていたのが、今は前よりも落ち着いています。

といっても、これから「稼いでいこう!」と言う気持ちになりつつあるのですが。

 

「稼がなきゃ」と思っていた時よりは、少しゆるっとした感じです。

 

 

「何の価値も見いだせていない」「少しでも多く稼がないと」という呪い。

 

フリーランスで活動をしていると、自分が働いた分が報酬に直結するわけですから、当然稼ぎたければそのぶん稼働しないといけないわけで。それがフリーランスを続けていくうえで苦しくなっていく部分なのかなと思います。

頑張っても頑張っても終わりのない世界。

ずっと働いていたい、仕事が好きな人にとっては良いかもしれませんが、私はできることなら一日中遊んでいたいし、仕事のことを考えるのは最小限でいい。そんな私のような人間にとって「もっと仕事をしなければ」という感情は邪魔なものでしかありませんでした。

 

常に金銭的に追い込まれているような感覚、

自分の無力さを突きつけられる辛さ。

 

フリーランスになって改めて、“会社の後ろ盾は大きい”ということを実感しました。

今でも「会社勤めをした方が良いのかな」と頭をよぎることもありますが、もう少し「稼がなきゃ」の世界から視野を広げてみて何かに気付くまでは、せめてフリーランスでいたいなと思っています。

 

「稼がなきゃ」

 

焦る気持ちは分かるけれど、焦ってもそこには「焦り」しか生まれないんですよね。

特にクリエイティブな仕事をする人間だと、焦りが出てくると作品にも影響します。こう考えると、フリーランスって体力と気力勝負なところある……。

 

フリーランスだろうが、会社員だろうが、それぞれ「適性」というものがある。

フリーランスだから仕事が超できる、という人ばかりではないように。

かくいう私も、職場ではたびたび落ちこぼれポジションでした。自分でも「仕事ができない」自覚があります。

だから余計に「稼がなきゃ」の呪いが辛かった……。

会社勤めをしていた頃の私は、できないことばかりで、毎日自分なりに必死に取り組んでみても、どうしても会社で輝く彼ら彼女らのようにはなれないと悟りました。

 

そのあとも色々あって「もう会社勤めは向いていない。自分にはフリーしかない」と思い、今の自分があります。

 

 

「稼ぐ行為」をやめたら、私は何をして日々を過ごすのだろう?

 

そんなフリーにとって死活問題でもある「仕事」。

ここのところ、必要最低限の仕事以外は受けず、ぼーっと過ごしていました。

無理をして稼ぐ必要はない。自分が書きたいペースで書きたいものを書いて良い。

そうなったら、いったい私はどんな文章を書くのだろう?

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを考える余裕も出てきた「余白の時間」。

無理して稼ぐことをやたら、今度は視点が「家」になりました。

すると、これまで見て見ぬふりだった家事をやるようになりました。

家事って面倒に感じることもあるけれど、きちんとした手順と片付け場所等を踏まえれば、意外とできるものかも!と最近自信がついてきました。

家の中が綺麗だと、仕事中(在宅)だと嬉しいですしね♡

 

「稼ぐ行為」をやめたら、一日中ぼーっとしたり、たまにお出かけして外の空気を吸ってみたり、家事をしていたり。意外と文章にまつわる行動ってしていないかも(´;ω;`)

でも、仕事のことを考えなくていい時間ってすごく幸せ!!(´;ω;`)(´;ω;`)

なので、今の状態も結構気に入っています♪

 

これからも、つい「稼がなきゃ!」と思ってしまう瞬間はあるでしょうが

そのつど迷いながら、思い込みを変えながら、自分が楽しみながら書いていきたいな~と思います♡