ちあきです。

先月、ジブリファンのお友達と「もののけ姫」「風の谷のナウシカ」を観てきました。

記憶はだいぶあいまいですが、備忘録代わりに書いておこうと思います。

 

ちなみにお友達は、2作品とも自宅で何度も観たことがあるけれど、映画館で観たことはないとのこと。

一方私は、「もののけ姫」は小学校の頃に家族で映画館で観た記憶(ストーリーはまったく覚えていない)、「k是の谷のナウシカ」は初見。

 

自分一人だったら、行こうという気持ちにはなれなかったかもしれないので、

誘ってくれたお友達に感謝!

 

それでは、何の予備知識もなしに観てきた私なりの感想をざっくり書いていこうと思いますー。

ちなみにストーリーの細かい点とかそういうのはありません。(キッパリ)

 

 

アシタカ様イケメンすぎる!「もののけ姫」

 

まず、この見出しからにわか感丸出しですが……

まじでアシタカ様かっこいい。

声も見た目も性格もすべてイケメン!強くて優しいなんて完璧すぎか……!

 

強くても、強さにものを言わせる感じでもないし、

優しいけれど情に流される人でもない。

 

今、自分が何をすべきか、どういう立ち位置にいるべきかがクリアに見えている人なんだな……と。

精神的に自立していてカッコイイ……。人として尊敬しかないです。

頼りがいのある人。ぜったいモテますやんそんなん……。

 

ちなみに、血とか戦闘シーンとか激しいものは画面を直視できないタイプなので、

もののけ姫の3分の1くらいは画面観られませんでした。(これってもはや「観た」って言えない……?)

 

当時からすると、そういったシーンのグラフィックもかなり進歩していた方なのかもしれないですが、

グラフィック面がどうだったとかは、画面を観れていないので語れることはありません。。

 

ただ、アシタカ様かっこいい。

私にはアシタカとサンちゃんのラブコメに見えてしまった……。

(お友達は「恋とかそういうのを超えた関係」と言っていたので、私が妄想しすぎただけです。本当にすみませんでした。)

 

この映画で描かれている「人間と自然の対立」については、今もなお解決できていないし

完全な解決は難しい問題だと思う(唐突)。

現時点で、うまく共存できているとは言えないし、やっぱり人間の方が住む土地を広げて、動物たちの生きる世界を狭くしてしまっている気がする。

「共存を目指す」ことはできても「共存する」って、100%は難しい問題なんじゃないかと思う。

でも、難しくても相手の存在を否定せず、目指すことはし続けたい。

……し、そのために何ができるだろう?まで考えられるといいな。

今、自分ができることをリアルに考えると「エコ生活」……かな?

環境破壊に通じるごみを減らすとか、小さなことだけどそんな感じ。

何も変わらないかもしれないけれど、共存を目指すためにできること。

 

 

 

 

ナウシカちゃんの名台詞が聞けた!「風の谷のナウシカ」

 

続きまして「風の谷のナウシカ」!

もののけ姫と同じ日に観ました~~~!!一日に映画2本なんて贅沢!人生二度目!!

 

もののけ姫もナウシカも、「人間と○○の戦い」って感じだけど、ナウシカの方がリアルというか、

人と人との争いもあって、よりすごみがあった。怖かった……。

 

そしてナウシカちゃん強い子!素敵!名ヒロインだわこれは……

(※にわかの発言です)

 

そしてそして!

「気流が乱れてうまく飛べないのー」

のセリフも聞けました!!

 

このセリフだけは知っていましたよ!!

「らき☆すた」で聞きましたからね!!←←

かなたしゃん……(´;ω;`)

 

「らき☆すた」は、数少ない全話観たアニメのひとつ!

かなた回は観終わった後思わず涙が……。

 

そんな「らき☆すた」のことを思い出してちょっとテンション上がりつつ観ていました。

ナウシカもちょっと?ラブコメ要素入ってますよね!ラブコメ大好き(*’ω’*)♡

 

音楽と絵だけで語るシーンも多く、感じ取る作品なんだなぁ~と思いました。

もののけ姫も私が子供のころだけど、ナウシカはさらにその前。

それぞれ、その当時のアニメの風潮が感じられる、でもどこか新しさのある作品でした。だから21世紀になった今観てもものすごく惹かれるものがあるし、考えさせられる。

 

 

 

***

ちなみに、私がこれまで観たジブリ作品の中で好きなのは

「となりの山田くん」です!!

 

ジブリじゃないと言われるけれど、

私はこれをビデオテープが擦り切れるかってくらい観てきたし、こういう作風のものが好きです。

 

でも今回、もののけ姫とナウシカを観て

「名作って言われるのがわかる!」

とめちゃ納得しました。

ストーリーも登場人物も一貫して、普段包装されているアニメとはちょっと違うというか……

とにかく「異質」なんですよね。

だからこそ目を引くというか。

 

元々「アニメ=子供向け」とは思っていませんが、そう思っている人の考えを覆すような

大人にとってもすごみのあるメッセージを込めた作品たち。

 

私もこの機会に観ることができて良かったです(*^▽^*)

他に観ていない作品がたくさんあるので、それらも映画館で上映してくれたら嬉しいな~~~なんて。

「魔女の宅急便」も「天空の城ラピュタ」も「千と千尋の神隠し」も、ちゃんと観たことないんですよね……。

自宅だと集中力が散漫してしまうので、ぜひ大きなスクリーンで!観たい!です!!